記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬の怪談(稲川淳二風)

こんにちわ 信号無視です。



今回はね、私がここ数日で体験した話なんですけどね。

最近ね、主にマルチではクイヒーとジャイウィズで資源を取りに行っているんですけどね。



いや、私もね、ゴーレムも好きですよ。でもヒーローをね、

レベルを上げないと対戦では勝てないじゃない。


だからね、ゴーレムを使わないんだ。これ。


んでね、そんな感じで行くんですよね。

そろーり、そろーりってマルチに行くんだ。

画面、左下にあるじゃない。
あの、「攻撃」って書いてある。

あのボタン。こわいなー。こわいなーって思いながらポチッとするとね。

に゛ぃぃぃいって。扉がゆーーっくり、開くんだ。
それで、相手を探すしては、攻めて。相手を探しては攻めて。

これを日々、繰り返すんだ。


いや、マルチも好きなんですよ。わたし。

いや。ただねー、人から奪う。強奪するわけですよね。

強奪かー、悪いなー、

いやだなーっ、こわいなーっ。


旅館に帰った後に、1人になっちゃうなー。
やだなー。こわいなー。
報復が来そうだなー。こわいなー。


仕方なしにマルチに行っては、稼いで。
マルチに行っては稼いで。

とまあ、こんな感じでゆーっくり、ゆーっくり進んで行くんだ。


あー、お腹いっぱいだなー。よく稼いだなーって


ってなったある日のことなんですよ。


いつも通り、旅館に帰り着いてね。

「あーっ。疲れたなー。ちょーっと横になりたいなー」
と、いつの間にか寝ちゃったんだ。

ふとね、起きて、時計を見ると、夜中の2時。

「あれー。こんな時間かー。いやな時間に起きたなー」

んでもって。体を起こして、周りを見回すとね。


わたし、気が着いちゃったんだ。


「あれー。おかしいなー。この旅館・・・。こーんな、壁の色だったかなー」

「おかしいなー、いやだなー。もーっと黒く塗られていたんじゃなかったかなー。
気のせいかなー。こわいなー。ナンマンダブー。ナンマンダブー」


と、普段のマルチの報復かなーって。

ふと、思ったわけですよ。だからね。


「ナンマンダブー、ナンマンダブー」って、もう一心不乱に念仏を唱えていたんだ。


さらに

わたし気がついちゃったんですよ。
「あれー。おかしいなー。なーんか聞こえてくるなー。」

「わたし以外、誰もいないはずなのになー。」

よーっくね。

耳を澄ましたんですよ。
なーんか、聞こえてくるなーって。
初めはね、なんか火が走っているような音。
「ごごごぉぉぉぉ・・・」

でもね、よーく聞くとね。
耳を澄ますとね、聞こえてきたのが。
「たすけてー、たすけてー」



やだなー、こわいなー。


もう一度、周りを見るとね。

この世のものじゃなあないものが目に入ってきたんだ。


さっきまで、黒いと思った壁が。

IMG_1993.jpg


もう一度見てみると、壁に火をまとっている。



いや、よく見ると、壁と壁をつたって、火が走っていたんだ。

IMG_1994.jpg



そこからの音が、「ごおおぉぉっ」って聞こえていたんですよ。


そこで、よおやく、わたし。わかったんだ。

「あー、これはこの世のものじゃない。」

「これが、火壁ってものか。」



信号無視は、そろそろ火壁を塗っていくそうです。

IMG_1992.jpg


以上、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

信号無視

Author:信号無視
MIDNIGHT BANDITS のリーダー信号無視といいます。
2015年3月29日に立ち上げました。
現在TH10終盤。
目下の目標はTH10カンストの全壊率向上。
めざせ、3割。低いのか高いのか。

高すぎだわw


ガチにはならずに楽しく、できるだけ多くの勝利を目指してがんばっています。
クランメンバー激しく募集。

PEKKAとダンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。